香典返しで感謝の意を伝える〜故人と参加者に届けるWish〜

風呂敷

香典返しの際のルール

香典返し

結婚式や法事などの際には、結婚祝いのように参加者の方が主催者の方に対して気持ちを込めて贈り物をします。金額などは決まっていませんが、参加者の気持ちがこもっている大切な物となっています。貰った方としては、頂いた物に対してお礼をする必要があり、香典返しや内祝いなどがそれにあたります。贈る内容としては色々ありますが、タオルや食器などのように日常生活で使える物を贈る事もあります。日常生活で使用する物であれば消耗品ばかりですので、持っていたとしても問題なく利用出来ます。そのため、タオルや食器以外にもプレゼントしやすいアイテムは多く存在しています。一人一人にきちんと返す場合は、相手の好みに合わせて送り、全員にまとめて贈る際にはカタログギフトなどのように相手を選ばない物にすると良いでしょう。

香典返しをする場合の独自のルールがありますので、贈る相手に失礼のないように気をつけましょう。そもそも、香典返しとは、亡くなった方に対して香典を頂いた方に感謝の気持ちを込めて贈るプレゼントの事です。頂いた金額にもよりますが、基本的には半分以内の金額に収まる品を用意するのがマナーとされています。香典返しをする方が多い場合もありますので、金額については細かく計算する必要がないとされており、大雑把に分類して金額毎に香典返しをすると良いとされています。いくらまではこの品を返すと決める事で負担が少なくなります。遺族にとって気持ちが落ち着かない時期ですので、なるべく負担が少ないようにした方が身のためとなっています。あとは、名前の書き方や品選びに気をつければ問題ないとされています。

好みの物が貰える

プレゼントと花束

カタログギフトを贈る事によって、貰った人は現在欲しい物を貰えるようになります。プレゼントをミスする事がないのが最大の特徴です。値段設定も簡単なので、計画が練りやすいのもポイントとなっています。

詳しくはこちら

感謝の意味を込める事

二人からのギフト

内祝いとは、祝いの場に参加して頂いた方々にお土産を持たせるのが始まりとされています。内祝いならではのマナーなども存在しているので、マナーを守りつつ、相手が喜ぶ物をプレゼントしましょう。

詳しくはこちら

ペアの食器をプレゼント

食器のプレゼント

結婚祝いに贈るプレゼントとして食器という選択肢は無難です。生活する上で絶対必要になる商品ですし、被ったとしても雰囲気やシチュエーションで使い分けが可能のため、ミスする可能性がかなり低いです。

詳しくはこちら